化粧下地や日焼け止めで肌荒れしてしまったら

hibiscus0070cm

スキンケアからメイクアップまで、化粧品にはさまざまな成分が使用されており、肌に合うものもあれば合わないものもあります。
化粧水や乳液など洗顔後の肌に直接つけるものはもちろん、メイクのベースとなる化粧下地や日焼け止めにも肌との相性があり、それらが原因で肌荒れを起こしてしまうこともあるのです。

日焼け止めで肌荒れを起こしてしまう場合、UVカット成分として配合されている紫外線吸収剤が原因かもしれません。
UVカット成分としてよく使用されるものには紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があり、UVカット効果の強い高SPFのタイプには紫外線吸収剤が使用されていることが多くなっています。
どちらも安全に使用できるものですが、紫外線吸収剤は肌の上で化学変化を起こして日焼けを防ぐものなので、敏感肌の人はかゆみを感じたり、肌が荒れたりといった反応が出ることがあります。

日焼け止め効果のある化粧下地にも紫外線吸収剤が使われていることがあるので、高SPFのUVケアアイテムで肌が荒れてしまった経験がある場合、SPF20から30程度のUVカット効果がある化粧下地を選ぶようにすると良いでしょう。
高SPFの化粧下地を避けていても肌が荒れてしまうという場合は、下地にはUVカット効果がないタイプを選び、UVカット効果のあるパウダーファンデーションやミネラルパウダーなどを併用してみても良いかもしれません。パウダーを選ぶ際にも、ノンケミカルの紫外線散乱剤を使用されているものを選んでみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です