効果的な化粧下地の色の選び方

maldives0038c

化粧下地はファンデーションをつける前につけることで、ファンデーションをきれいに肌に密着させることが出来ます。化粧下地を使わないで、肌に直接ファンデーションをつけることもできますが、そうすると化粧のノリが悪くなります。化粧下地には化粧がノリやすいように肌の表面を整える役割があり、顔全体につけることで化粧のノリや持ち、肌をきれいに見せてくれる効果があります。また、ファンデーションなどの化粧品を肌に直接つけなくて良くなるので、時間が経ってからのくすみを防止することも出来ます。化粧下地を使っていても時間が肌がくすんで見えると言う人もいます。それを解消するためにはまず、自分お肌を理解することが大切です。赤ら顔をカバーしたいとかシミを隠したい、肌の色むらをカバーしたいなど目的に合わせて肌質にあった化粧下地を選ぶことが大切です。もちろん、自分にあった色を選ぶことも大切です。肌がくすんで見える人はピンク系がおすすめです。年齢によくくすみであればイエロー系、肌に透明感を出したいと言う人にはブルー系、赤ら顔を目立たなくしたい人にはグリーン系がおすすめです。ファンデーションが顔につけるときれいに見えないと言う場合には透明タイプのものを使うと良いです。ファンデーションは首に合わせた色を選ぶのが基本ですが、この場合化粧下地と交じり合ってきれいに見えなくなっていることが多いからです。できればファンデーションと同じメーカーのものを使うようにするのが効果的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です