ムラになりにくい化粧下地の塗り方

maldives0038c

ベースメイクを長持ちさせるのに欠かせないのが化粧下地です。化粧下地をキレイに正しく塗ることで、メイクの持ちだけでなく見栄えも変わってきます。

化粧下地をムラなく塗るには、まず塗る量に注意しましょう。多すぎるとムラの原因になりますし、少なすぎるとファンデーションのヨレや崩れの原因になります。
パール大くらいの下地を手の甲やティッシュに出したら、指先でポンポンと額、鼻先、両頬、あごに乗せていきます。その後下地を伸ばしていきますが、指先だけでなく指全体・手の平全体で伸ばすようにするのが、キレイに下地を伸ばしていく塗り方のコツです。
特にメイクが崩れやすい口の周りやほうれい線、小鼻などは、下地を全体に伸ばした後に指先で軽く叩き込むようになじませると、下地が崩れにくくなります。目の下など目の周りは他のパーツより皮膚が薄くなっているので、強く叩いたりこすったりしないよう、優しくなじませるようにしてください。

化粧下地をムラなく伸ばしたら、顔全体に広げたティッシュを乗せて軽く両手で押えます。ティッシュオフして余計な油分を取り除くことで、その後のファンデーションを伸ばしやすくなります。
ここですぐにファンデーションに取りかかりたいところですが、下地がしっかりなじむ前にファンデーションを乗せてしまうと、下地とファンデーションが混ざり合い、メイクが崩れやすくなってしまうので注意が必要です。
下地によって乾くまでの時間は異なりますが、ティッシュオフから少し時間を置いてからファンデーションを乗せるようにしてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です