化粧崩れの防止は化粧下地と潤いがカギ

abstract0076cm

化粧崩れを防ぐためにたっぷりのパウダーをはたいているのに、お昼や夕方になるとテカっていたり粉を吹いていたり、気がつくとメイクが崩れてしまっているという経験はありませんか?
メイクの崩れを防ぐには、パウダーなどで脂浮きを防ぐことも大切ですが、実は肌の潤いにカギがあります。

脂浮きの原因はさまざまですが、メイクによる脂浮きは肌が乾燥している可能性があります。肌が乾燥を感じているため、これ以上乾燥しないようにと油膜を作り、結果的に肌がテカってしまうのです。
乾燥による化粧崩れを防ぐには、メイク前の保湿が重要。テカりやすい頬や額など、気になるところに化粧水を多めにつけたり、顔全体をハンドプレスするように潤いを閉じ込めるスキンケアをしてみましょう。

それでもメイクが崩れやすいという場合は、化粧下地を見直してみるのも良いかもしれません。
さっぱりした使い心地のジェル下地などは、肌が乾燥しがちな人には潤い不足になってしまうことがあります。クリームタイプやリキッドタイプの化粧下地なら肌にしっかり密着し、肌の水分をキープしてくれる効果が期待できます。
混合肌など、肌の一部がテカりやすいという場合は、パーツ別に化粧下地を使い分けてみてください。毛穴をしっかりカバーしてテカリを防ぐタイプの下地を併用すれば、乾燥しやすい部分の水分をキープしながら、テカりやすい部分のテカリや油分を抑えることができます。
化粧崩れのタイプを見極めて、肌質や崩れ方に合ったベースメイクを見つけてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です